ここから本文です

清武加入のセビージャ、開幕前からハードな日程と格闘

フットボールチャンネル 7/14(木) 8:00配信

 新シーズン開幕前からハードな日程を強いられるセビージャは、バルセロナと行うスペインスーパーカップの開催日程の変更を提案している。12日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナとセビージャの間でホーム&アウェイ方式で行われるスペインスーパーカップは現在日程調整中だが、当初は8月12日と15日に行われるとされていた。

 しかし、UEFAヨーリッパリーグ王者のセビージャは8月9日に、UEFAチャンピオンズリーグ王者のレアル・マドリーとノルウェーのトロンハイムでUEFAスーパーカップを戦うことになっている。

 ハードな日程を強いられるセビージャは、スペインスーパーカップの日程を第1戦14日に、第2戦を17日にという提案を行っているところである。

 ちなみに今季のリーガエスパニョーラの開幕は8月21日となっており、セビージャの嘆願が認められたとしても、厳しい日程であることに変わりはない。1人でも多くの選手が万全のコンディションを保つことが、ハードスケジュールを乗り切るカギという意味でも清武弘嗣の負傷は非常に痛いところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。