ここから本文です

傷心メッシと“ドヤ顔”C・ロナウドが休暇先で驚きのニアミス! ヨット数台を挟みオフを満喫

Football ZONE web 7/14(木) 14:12配信

スペインのイビサ島でバカンスを楽しむ二大スター

 欧州選手権(EURO)決勝で前半に負傷交代しながら、チームに闘魂を注入し続け、悲願のメジャートーナメント初優勝を成し遂げたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)と、コパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)でPKを外し準優勝と涙を呑んだアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が、休暇先でニアミスをしているようだ。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 サッカー界のスーパースターふたりは、各大陸の祭典で明暗がくっきりと分かれた。EUROであわやグループステージ敗退の危機にあったポルトガルは、ハンガリー戦のロナウドの2ゴールでなんとか決勝トーナメント進出を果たし、その後は粘り強い戦いぶりでEURO初優勝を果たした。一方のアルゼンチンは、南米選手権で準決勝まで圧倒的な力で勝ち上がりながらも決勝でまたもPK戦の末に敗北した。

 そんな対照的な結末を迎えたふたりのエースが、束の間のオフをスペインのイビサ島で過ごしている。ロナウドは現地時間の13日に到着したが、同紙によるとロナウドとメッシは数台のヨットを挟んだ場所でニアミスしており、現地に住む人々は一様に驚いている模様だ。

豪華ツーショットが実現する可能性も!?

 ただ、それぞれの過ごし方は対照的だ。EURO決勝で涙の負傷交代後に衝撃の熱血指揮官ぶりを見せたロナウドは、そのテンションを持続させており、現地ファンの写真撮影にもドヤ顔で応じている。一方で悲劇的なPK失敗のショックから代表引退を決断したメッシは、家族とともにリフレッシュに努めているという。

 ヨット数台の距離ということもあり、今後はイビサ島でのツーショットも実現しそうだが、ただでさえ自己主張の強いロナウドがさらに得意満面とあっては、傷心を癒したいメッシには少々煩わしく思うかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/14(木) 14:12

Football ZONE web