ここから本文です

モドリッチ、2008年のトットナム移籍時の金銭トラブルで再び証言の場に

フットボールチャンネル 7/14(木) 8:50配信

 クロアチア代表のMFルカ・モドリッチは、2008年のディナモ・ザグレブからトッテナムへの移籍時に発生した移籍金トラブルの件で、再び証言の場についていたことが明らかになった。12日、スペイン紙『アス』が報じている。

 モドリッチは、昨年9月に、彼が2008年夏にトッテナムへ当時のクラブ史上最高額となる移籍金2300万ユーロ(約26億6000万円)で移籍した際、ディナモ・ザグレブのズドラフコ・マミッチ元会長が770万ユーロ(約8億9000万円)を着服していたことを認める証言を行っていた。

 この月曜日、母国クロアチアに滞在していたモドリッチは、これを再び認める証言を行ったということだ。

 クロアチアサッカー界の黒幕と言われていたマミッチ元会長とその弟ゾラン・マミッチ氏は、昨年7月に汚職と収賄の罪で逮捕されている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 8:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。