ここから本文です

モウリーニョの冷酷なるマンU改革。“コールド・ワン”が目指す勝利最優先の復活劇

フットボールチャンネル 7/14(木) 10:00配信

マンチェスター・ユナイテッドは、今季の新監督にジョゼ・モウリーニョ氏を迎え入れた。チェルシー時代には「ハッピー・ワン」を名乗っていたモウリーニョ氏は、ユナイテッドでは「コールド・ワン」と呼ばれる存在となりそうだ。プレミアリーグ優勝から3シーズン遠ざかり、昨季はチャンピオンズリーグ出場権も得られなかったユナイテッドだが、勝利を最優先に目指すモウリーニョ監督の冷酷なる改革によって強豪復活となるのだろうか。(取材・文:山中忍)

冷酷なる“コールド・ワン”。マンUにやってきたモウリーニョ

 慣例に従って呼ぶならば「コールド・ワン」。7月5日、マンチェスター・ユナイテッドの新監督として正式にスタートを切ったジョゼ・モウリーニョのことだ。

 本来であれば、3年前に「ハッピー・ワン」を名乗って復帰したチェルシーでプレシーズンを迎えていたはずの大物監督が、昨年12月の解任が招いた転職に冷めているわけではない。

 3年間で2度目のチャンピオンズリーグ(CL)圏外で昨季を終えたマンUで、個人的にも意識していないはずのない復活に懸ける熱意は、同日の就任会見から窺えた。「選手たちに、昨季以上だからと4位など目標にしてもらいたくはない」という発言だけでも、プレミア優勝を狙うと言っているようなものだ。モウリーニョは、優勝実現に向けて、妥協を許さず、情も挟まずに勝利を目指す「冷酷なる者」に徹する構えを見せた。

 5月後半の3年契約締結から順調に進む戦力補強は、交渉責任者のエド・ウッドワードCEOに「言い訳は無用。何としてでもターゲットを射止めてもらいたい」とでも告げたかのよう。

「補強の核」と表現する対象4エリアのうち、最終ライン中央には1対1に強いエリック・ベイリー、2列目アウトサイドにはセンスとスタミナを併せ持つヘンリク・ムヒタリアン、前線中央には貫禄とマジックを誇るズラタン・イブラヒモビッチが早々に獲得された。その一方では、昨季の貢献度が低かったわけではない2列目要員のフアン・マタが、チェルシー時代の前回と同様に非情にも売却対象と目されている。

 残る中盤中央は、ポール・ポグバ(ユベントス)、ブレーズ・マテュイディ(PSG)、ネマニャ・マティッチ(チェルシー)らが、まだターゲットの状態(本稿執筆時点)。だがモウリーニョは、「新戦力4人目も、8月末などではなく早めに手に入れる」と断言した。移籍市場での動きからして、出遅れが響いた3年前のデイビッド・モイーズ就任時と、明確な方向性を欠いたルイス・ファン・ハール前体制下とは一線を画している。

1/2ページ

最終更新:7/14(木) 10:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)