ここから本文です

EUROの“MVP&得点王”にPSGがオファーも、「100%アトレチコに残る」と代理人が断言

Football ZONE web 7/14(木) 17:21配信

グリーズマン獲得に母国の名門が動くも残留が濃厚

 欧州選手権(EURO)で大会MVPと得点王に輝いたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、来季もアトレチコ・マドリードでプレーすることが確実な状況になった。母国フランス王者のパリ・サンジェルマンからのオファーを代理人が認めたものの、残留を宣言している。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 フランスのラジオ局「RMC」のスポーツ番組に出演したグリーズマンの代理人であるエリク・オルハツ氏は、マイクを前にこう語っている。

「パリ・サンジェルマンが彼に対してオファーを出したのは事実だ。だが、私はグリーズマンが確実に、100%の確率でアトレチコに残ると明言することができる」

 EURO開幕戦のルーマニア戦では波に乗れず途中交代、第2戦のアルバニア戦ではベンチスタートだったグリーズマンだが、試合終了間際に決勝弾となるゴールを決めると勢いに乗った。16強のアイルランド戦では0-1からの2得点でチームを逆転勝利へ導き、準々決勝のアイスランド戦で1ゴール、準決勝ドイツ戦で2ゴールと活躍し、通算6得点で大会得点王の座を手にした。チームの決勝進出に大きく貢献したことが評価され、大会MVPにも選出された。

同じユニホームを着て来季CLリベンジへ

 昨季はアトレチコ・マドリードで“親分”ディエゴ・シメオネ監督の下でプレーし、UEFAチャンピオンズリーグでは決勝に進出。しかし、そのレアル・マドリード戦では試合中のPKを失敗し、最終的にPK戦の末に敗れる悔しさを味わっていた。

 そのリベンジの機会は、同じユニホームのまま狙うことになりそうだ。シメオネ親分の下で団結するチームのエースは、来季もアトレチコの攻撃陣をけん引していくことになる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/14(木) 17:21

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革