ここから本文です

レアル英雄が監督をすぐに更迭するクラブに苦言 「自分もシーズン以上に多くの指揮官を見た」

Football ZONE web 7/14(木) 18:58配信

ラウール氏が13年間で11人の監督が率いる古巣の現状に危機感を抱く

 かつてレアル・マドリードのエースとして君臨した元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏は、古巣の指揮官の首がすぐにすげ替えられることに危機感を持っているようだ。スペイン紙「AS」の独占インタビューに応じて、「このクラブはシーズン以上に指揮官交代をしている」と指摘した。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 ラウール氏は1994年にトップチームでデビューを飾って以降、90年代から2000年代にかけて“白い巨人“の背番号7として最前線に君臨した。現在指揮を執るジネディーヌ・ジダン氏やロベルト・カルロス氏、ルイス・フィーゴ氏らをはじめとした「銀河系軍団」のなかでも存在感を放ち続けた。

 現在ニューヨークに在住しているラウール氏だが、やはり長年プレーした古巣の動向は気になるようだ。かつての盟友であるジダン監督について問われると、「彼は長年クラブの様々な部門で働いていた。カスティージャ(Bチーム)の監督当時はアンチェロッティ監督と協力して時間を過ごした。彼はコーチとして常に成長していると感じる。選手たちに対して信じる心を持って、彼らも監督を信じるようになった」と卓越した人心掌握術を評価した。

 その一方で、剛腕で知られるフロレンティーノ・ペレス会長の独断専行、そして常に結果を求められるゆえに指揮官が簡単に交代する状況には、常々疑問を持っていたようだ。この13年間で11人の指揮官がチームを率いているが、これはペレス会長によるものかという少々意地悪な質問に対して、ラウール氏は次のように答えている。

盟友ジダンは長期政権を樹立できるか

「うん、確かに多いと思う。自分自身もシーズン以上に多くの指揮官を見た。デル・ボスケが監督を務める前、自分がデビューしてからの6年間でもバルダーノ、カペッロ、ハインケス、カマーチョ、ヒディンクと一緒に働いたからね」

 “銀河系軍団“全盛期を率い、選手やファンの支持も厚かったビセンテ・デル・ボスケ監督ですら、トップチームでの指揮はわずか4年間に終わっている。タイトルが獲れなければ即解任危機が浮上するとあって、強烈すぎる重圧を受けるのは確かだ。かつてのレジェンドが鳴らした警鐘は、ジダン監督による長期政権の樹立につながるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/14(木) 18:58

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。