ここから本文です

今度はビルバオMFに”心臓病”の疑い? 心電図で小さな異常を検出

フットボールチャンネル 7/14(木) 10:20配信

 アスレチック・ビルバオに所属するスペイン代表MFラウール・ガルシアが、リーガエスパニョーラ開幕戦を欠場する可能性がでてきた。13日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、定期的に行っている健康診断の最中に”心電図で小さな異常”が検出されたとのこと。心臓に問題がある可能性があることから、3週間から4週間の間はゆっくりとしたペースでトレーニングを行い、心臓に負担がかかる厳しい練習は控えるように通達されたようだ。

 ガルシアは昨季公式戦42試合に出場し11得点9アシストを記録。チームの主力選手として、トップ下でプレーしていた。リーグ戦5位に終わったことでヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得している。

 先日、レアル・マドリーに所属するルーカス・シウバもスポルティングCP移籍に向けたメディカルチェック中に心臓病が指摘された。ただ、本人は「心臓に異常がないという証拠を得られた。どうやら、1回限りのものだったようだ」と語っており、問題はなかったとの認識を示している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。