ここから本文です

モウリーニョ、古巣から愛弟子を引き抜き? マンUがセスク獲得へ

フットボールチャンネル 7/14(木) 12:30配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、古巣から愛弟子引き抜きを画策しているようだ。イギリス紙『ミラー』が報じた。

 今季から指揮をとるマンチェスター・ユナイテッドで着々と補強を続けるモウリーニョ監督。ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバへのオファーが注目されているが、中盤の補強のためチェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスの獲得にも興味を示しているとのこと。

 セスクは、モウリーニョ監督がチェルシーの監督を務めていた際にバルセロナから獲得した選手であり、ふたりは旧知の間柄だ。さらに選手本人もモウリーニョ監督を自身のキャリアの中でも最高の監督のうちのひとりであると認めており、ふたりの関係の良好さがこの話に現実味をもたせている。

 果たしてモウリーニョ監督はかつての愛弟子をユナイテッドに連れてくることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 12:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革