ここから本文です

サッカークラブ、“資産価値”王座から陥落。NFL人気が圧倒

フットボールチャンネル 7/14(木) 12:47配信

 米誌『フォーブス』が発表したプロスポーツチームの資産価値ランキングで、2011年以来初めてサッカークラブがトップから姿を消したようだ。13日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 米誌『フォーブス』は、世界のスポーツチームの推定資産価値のリストを公表している世界有数の経済誌だ。評価の対象とされているのは、世界のサッカーのクラブチームと北米4大プロスポーツリーグであるNFL、MLB、NBA、NHLである。

 そして今回発表されたトップ50では、アメリカンフットボール(NFL)で最も人気の高いチームであるダラス・カウボーイズが40億ドル(約4210億円)と評価され、36億5000万ドル(約3842億円)のレアル・マドリーを上回った。

 このリストが作成されるようになったのは2011年からだ。そして、これまで常にサッカークラブがトップに立ってきた。中でもここ3年間トップに立ち続けたマドリーは、チャンピオンズリーグ優勝、さらにはテレビ放映権やマーチャンダイジングで膨大な金額の契約をしているにもかかわらず、今回王座から引きずり降ろされている。

 上位10位に殿堂入りしているサッカークラブは、2位のマドリーの他に3位につける35億5000万ドル(約3736億円)のバルセロナ、そして33億2000万ドル(約3494億円)で5位につけているマンチェスター・ユナイテッドの3クラブしかいない。

 特にトップ50の中にNFLに参加する32チームの内の27チームがランキング入りしていることからも、明らかにNFLの人気に圧倒されているのが分かる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 21:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。