ここから本文です

イグアイン、中国からの“テラオファー”断る? 年俸57億円提示も引き抜き失敗か

フットボールチャンネル 7/14(木) 13:20配信

 ナポリのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、中国からの“テラオファー”を断ったと伊メディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 欧州ビッグクラブも獲得を狙うイグアインには、中国スーパーリーグの河北華夏が興味を示しており、年俸5000万ユーロ(約57億5000万円)という天文学的な金額を提示していたという。

 現在、世界最高の年俸を受け取っているのはリオネル・メッシの2000万ユーロ(約22億8000万円)であるため、報道が事実であればメッシを2倍以上も上回る給与を手にすることになる。

 それでもイグアインはこのオファーを断る見込みのようだ。イグアインにはアーセナルが強い関心を抱いており、6500万ユーロ(約74億7500万円)に加えてフランス代表FWオリヴィエ・ジルーをナポリに差し出すともいわれている。

 昨季のリーグ戦で36得点を挙げて得点王に輝いたイグアインだが、ナポリは売却の意向がありながら9400万ユーロ(約108億1000万円)の移籍金を求めている。

 河北華夏は今季から1部に昇格したチームで、アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ、コートジボワール代表FWジェルビーニョ、カメルーン代表MFステファン・エンビアらが所属している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/14(木) 15:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。