ここから本文です

「香川、正念場の1年に」独メディアがトゥヘル体制2年目を分析

フットボールチャンネル 7/14(木) 21:01配信

 ボルシア・ドルトムントの日本代表MF香川真司にとって、今季は正念場の一年となりそうだ。14日、ドイツ『スポックス.com』が分析している。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 香川はマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに復帰してから3シーズン目のシーズンとなる。復帰1シーズン目はユルゲン・クロップ監督のもと後半戦で28試合に出場し5ゴール6アシストとまずまずの成績を収めた。

 昨季はトーマス・トゥヘル新監督体制に変わり、前半戦は全盛期を思わせる大活躍をみせたものの、後半にかけて出場機会が減少。それでも公式戦46試合に出場し、13ゴール13アシストを記録している。

 しかし、同メディアは今季は香川にとって正念場となるシーズンと予想している。ヘンリク・ムヒタリアン、イルカイ・ギュンドアン、マッツ・フンメルスといった主力が放出され、香川はさらに責任ある役割を担うことになる。

 近年は1シーズンを通して安定したパフォーマンスができていない香川だが、今季は再びチームを牽引する存在となれるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 6:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)