ここから本文です

【大宮】「もっとFWらしくありたい」と願う清水慎太郎。“さいたまダービー”でのゴールを宣言!

SOCCER DIGEST Web 7/14(木) 11:30配信

「パスを出した後に、『自分で行けば良かったな』と後悔した」

[J1・第2ステージ3節]大宮 0-0 G大阪 7月13日/NACK

 鶏肉や玄米を摂取するなど、食生活から改善して身体を絞った。体脂肪率を落とした結果、キレが生まれた。コンディションは上々。そしてついに、清水慎太郎は今季初先発の座を掴んだ。だが、試合は0-0の引き分け、勝利で飾ることはできなかった。
 
 清水はミックスゾーンでゲームを振り返り、3つのシーンを悔いた。ひとつ目は試合開始すぐの11分。左サイドで泉澤と沼田が相手にプレッシャーを掛け、こぼれたボールを拾った。G大阪は攻から守への切り替えで後手を踏んで、陣形が整っていない。
 
 対峙した日本代表DFの丹羽大輝に仕掛けてシュートまで持ち込むのか、プルアウェイして金正也の裏にある広大なスペースに抜け出そうとしているネイツ・ペチュニクにパスを出すのか。
 
 清水は前者を選択した。小刻みにボールをタッチしながら、縦に行くと見せかけてから内に切り込み、右足を豪快に振り抜いた。
 
「かなり手応えがあって、打った瞬間は入ったと思った。でも、ブレ球だったから枠から外れるように飛んで行ってしまった」
 
 ふたつ目は20分に訪れた。最終ラインとボランチの間にできた隙間に清水が落ちると、河本から絶妙な縦パスが供給された。勢いを殺すことなくターンして、ドリブルを開始。丹羽が距離を詰めてきたのを確認すると、N・ペチュニクに叩いて、前へ。ボールが返ってきた時には、ふたつの選択肢がよぎった。
 
 10分ほど前と同様にシュートを放つべきか、浮き気味のN・ペチュニクに再びリターンパスをするのか。今度はパスを選んだ。スピードが足りていない。また、少しズレたボールはカバーに走ってきた藤春廣輝によってカットされてしまった。
 
「パスを出した後に、『自分で行けば良かったな』と後悔した。あれは自分の甘さ。調子が良くて、周囲をきちんと見られているのはいいことだけど、見え過ぎていて『自分で行けるのに』という時にパスを出してしまうことがある。あそこは自分で打つのがFW。もっとFWらしくありたい」
 

【EURO2016】スタジアム美女総集編!

1/2ページ

最終更新:7/14(木) 11:37

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。