ここから本文です

出口の見えない名古屋。「このままだと、しんどい」と守護神・楢崎も悲痛の叫び

SOCCER DIGEST Web 7/14(木) 12:00配信

結果が出ないことで、進むべき道を見失っているようだ。

[J1・第2ステージ3節]鹿島アントラーズ 3−0 名古屋グランパス
7月13日/県立カシマサッカースタジアム
 
 11試合未勝利――第2ステージ3節のアウェー鹿島戦を0-3で落とした名古屋は、クラブワースト記録を更新してしまった。
 
 5月4日の第1ステージ10節・横浜戦の勝利を最後に、2か月以上、リーグ戦では勝利から遠ざかっている。年間勝点では16位。降格圏内に沈む現状に、楢崎正剛も厳しい表情を見せる。
 
 3つの失点はどれも、入ってくるクロスやシュートに一度は守備陣が触れるものの、こぼれ球を拾われ、ゴールを許している。
 
 ボールへの執着心について問われた守護神は、「この状況で、執着心がないとかとそういう話にはならないとは思うんですけど」と応じた後、言葉を詰まらせながら、自らの力不足を嘆く。
 
「でも、結果的にそうなっているということは……なんとかできたんじゃないかと、自分が助けにならなかった反省しかないですけど」
 
 チーム全体の戦い方については、危機感を口にした。
 
「なかなかマイボールで前に進まないし、すぐ守備の時間になってしまう。サッカー自体がやっぱり、このままでやると、しんどいというか。川崎、鹿島とやっても、こういう状態なので。もちろん、(相手は)上位にいるチームですけど、ほとんどサッカーをさせてもらえなかった。サッカーの進め方を違うアプローチでやらないと、勝点が取れない」
 
 負のスパイラルから抜け出そうと、今の名古屋は必死にもがいている。どれが一番、正しいやり方なのか――結果が出ないことで、進むべき道を見失っているようだ。
 
 もっとも、記者の目には、楢崎が言うほど、ビルドアップに難があるようには見えなかった。2ボランチの明神智和と扇原貴宏(後半からはハ・デソン)はボールスキルが高く、状況によってはテンポ良くパスをつなぎ、両サイドに展開できていた。
 
 ただ、そこからの崩しや仕掛けは、精度と連動性に乏しく、選手同士がイメージを共有できている場面は少なかったように思う。思い切りの良さも感じられず、どこか人任せで、後ろ向きなプレーが目に付いた。
 

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

1/2ページ

最終更新:7/14(木) 15:48

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革