ここから本文です

マーク・ロンソンが語る、エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『AMY』

ローリングストーン日本版 7/14(木) 15:00配信

「そもそもなぜ彼女は有名だったのかを思い出させてくれる」—『バック・トゥ・ブラック』のプロデューサーがドキュメンタリー映画『AMY エイミー』について語った。

誰も知らないエイミー・ワインハウス:ドキュメンタリー映画制作裏話

アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞を受賞した、エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『AMY エイミー』が、2016年7月16日(土)より日本公開される。この激しく、深く踏み込んだ映画を米批評家たちが絶賛する一方で、アメリカでは彼女に最も近かった人々の一部からは『AMY』に反対するキャンペーンが繰り広げらた。ワインハウスの家族は、エイミーの父、ミッチが否定的に描かれているとして、自分たちがこのドキュメンタリーに"無関係だ"との声明を出している。一方で、ワインハウスと最も親しいコラボレーターの1人で、アルバム『バック・トゥ・ブラック』のプロデューサーであるマーク・ロンソンは、この映画はワインハウスが"天才"だったことを捉えていると称賛した。

「もちろん、この映画を見るのはキツいよ。思い出が甦ってくるからね」と、ロンソンは昨年ミラー紙に語っている。「だけど、僕が気に入っているのはこういうことだ。僕の妻はエイミーに会ったことがなくて、僕は彼女にエイミーとのスタジオの中でのことや、クレバーでウィットに富んだ彼女の言葉とかについていつも話しているんだけど、僕らがこの映画を見た後で、妻はこう言ったんだ。"これで分かったわ。やっと、あなたが話していたエイミーに会えた"って。彼女のそうした面についてみんなが知っているわけじゃないってことを、僕は忘れていたのさ」。

彼女は天才だった。僕でもそのことを忘れてしまうのだけど

アシフ・カパディア監督による『AMY』は、主に家庭用ビデオによる映像と家族の記録映像で構成されており、ワインハウスが才能あふれるティーンエイジャーだった頃から、世界的な現象を引き起こした"不承"のスターとなるまでの足跡を追うものだ。観る者は、彼女が名声を得たとたんに彼女を利用しようとする大勢の者たちや、彼女の転落の軌跡を詳細に示す記録を目の当たりにする。しかし、ロンソンは『AMY』が、ワインハウスのユニークで、そのジェネレーションを象徴する天才としての功績を揺るぎないものにしているとも語る。

「この映画について、心から敬意を表すべきは、彼女がそもそもなぜ有名だったのかを思い出させてくれることさ。彼女は天才だった。僕でもそのことを忘れてしまうのだけど」とロンソンは言う。「忘れていたけど、彼女に『バック・トゥ・ブラック』のコードをピアノで弾いた時、彼女は1時間で歌詞を書いてきた。僕はぶっ飛んだね。そんな風に詞を書く人なんていないさ。『リハブ』もそうだった。彼女は2時間で詞を書き、それは素晴らしく率直なものだった。2006年に、リハビリ施設に行くよりもダニー・ハサウェイを聴いているほうが好きだって歌うポップ・レコードがあるなんて誰も考えなかったと思う。彼女のは、ポップス系のラジオで聴いたことがないような、限りなくオープンで、素直な歌詞だった」。

『AMY』がロンソンの称賛や、同様に緻密に構成され内省的な、カート・コバーンの『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』に匹敵する作品だとする評価を受けているにもかかわらず、ワインハウス自身の家族はこのドキュメンタリーと一切の関わりを絶っている。ワインハウスの家族は、「家族は、この映画が彼女の人生と才能を祝福できておらず、誤解を招く上に、いくつかの基本的に真実でないことが含まれていると感じています」との声明を出している。「家族とマネージメント関係者に対するいくつかの主張は、事実無根であり不公平なものです」。

2016年7月16日(土)より日本公開されるエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『AMY エイミー』
http://amy-movie.jp/

Translation by Kise Imai

DANIEL KREPS

最終更新:7/14(木) 15:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。