ここから本文です

ブレグジットが促す「壁のある世界」への回帰

JBpress 7/14(木) 6:00配信

 ハンガリーの大統領府は、EUが打ち出した加盟各国への難民受け入れ分担計画の是非について、既に実施を表明していた国民投票を10月2日に行うことを明らかにした。

 移民の移動路「バルカン・ルート」にあるセルビアとの国境地帯に長々と有刺鉄線網を張るなど難民対策に出ているハンガリーは、EUの危機対応策を批判してきた。

 その危機の根源、シリア内戦はいまだ泥沼にある。ラマダン明けの祝祭日に合わせ72時間の停戦を発表しても、交戦はやまなかった。

 そうしたことも、いまや、日本のメディアは、小さく伝えるだけだが、ネットには、現地の惨状を伝える記録があふれている。

■ 『シリア・モナムール』が映し出す惨状

 現在劇場公開中の『シリア・モナムール』(2014)は、自国の現実を、民衆が、権力の側が、様々な者が撮影した映像を、次から次へと映し出す。デモ、弾圧、拷問される者、銃撃戦、放置された死体・・・。

 シリアの人々が携帯などで撮り、ネットにアップしたそんな動画を集める映画人オサーマ・モハンメドは、2011年5月、カンヌ国際映画祭のパネルディスカッションで、政治犯とされ拘束された人々の釈放を訴え、帰国できなくなっていた。

 そんなオサーマのところに、SNSで知り合ったホムス在住のクルド人女性シマヴが、ネットを介し、戦禍の映像を送り届けるようになる。

 シマヴは、学校をつくり、子供たちを撮った。彼女自身、撮影中、銃撃戦に巻き込まれ負傷した姿もある。大勢のシリア人と、シマヴ、オサーマの共同作業であるこの映画は、シリア内部からの悲痛な叫びの記録である。

 『壊された5つのカメラ パレスチナ・ビリンの叫び』(2011)も、争いの地内部からの映像の記録。

 5年に及ぶ記録の舞台はヨルダン川西岸地区ビリン村。オリーブ栽培など農業を生業とするイマードが、4男が生まれたことを機に、その成長を記録しようと手にしたビデオカメラによる映像である。

1/6ページ

最終更新:7/14(木) 15:55

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。