ここから本文です

関係性で読み解く「おごりorワリカン」女子の本音は?

R25 7/15(金) 7:00配信

デートにまつわる永遠の課題…それが「ワリカン」。一般的に「デート代は男が支払うべき」という風潮はいまだに根強いが、一方で「借りを作るみたいで全額はイヤ!」「自分の分くらい払いたい」なんて意見を耳にすることもある。はたしてどちらが正解なのか?

そこで20~30代の女性224人に、初デートにおけるワリカンについてのアンケートを実施。「恋愛感情のない男友達」「片思いの相手」「恋愛感情は定まっていない、合コンなどで出会った男性」という3人について、3つのよくある場面で「おごってほしいかどうか」を聞いた(R25調べ・協力/ファストアスク)。

●「おごってほしい派」の割合は?

まずは、「おごってほしい派」の割合からみてみよう。
※()内は(すべておごってほしい/多めに払ってほしい)の割合

■映画館などのイベント参加代(3000~5000円程度/1人分)
・男友達 40.2%(15.6%/24.6%)
・片思い 47.3%(18.3%/29.0%)
・合コン 47.3%(23.2%/24.1%)

■食事代(3000~5000円程度/1人分)
・男友達 52.7%(15.6%/37.1%)
・片思い 54.0%(18.3%/35.7%)
・合コン 56.7%(25.9%/30.8%)

■2軒目のお酒代やお茶代(2000~3000円程度/1人分)
・男友達 50.0%(16.5%/33.5%)
・片思い 51.4%(17.9%/33.5%)
・合コン 57.2%(25.9%/31.3%)

【食事代】と【2軒目】については、三者とも「おごってほしい」が半数以上。しかし注目は、「全額おごってほしい」の割合が2割を超えたのは「恋愛感情は定まっていない、合コン相手」のみであること。「合コン相手」に対しては「私に興味があるなら全額おごって!」と考える一方、恋愛感情がない男友達には「借りを作りたくない」、片思いの相手には「がめついと思われたくない」というのが女子の本音なのかも。

「おごってほしい派」の結果を見ればわかるが、「おごってほしくない派」が三者とも過半数となったのは【映画館などのイベント代】のみ。「全額支払いたい」という女子はどのシチュエーションにおいてもほとんどいなかった。

ちなみに、ふたりの関係が進み、「彼氏」となった場合も見てみると…。
※()内は(すべておごってほしい/多めに払ってほしい)の割合

■映画館などのイベント参加代
・おごってほしい派 62.0%(29.9%/32.1%)
・おごってほしくない派 38.0%

■食事代
・おごってほしい派 75.0%(30.4%/44.6%)
・おごってほしくない派 25.0%

■2軒目のお酒代やお茶代
・おごってほしい派 71.9%(29.9%/42.0%)
・おごってほしくない派 28.1%

他の男性では、はるかに及ばない「おごれ!」率の高さ。付き合って初めてのデートは、「釣った魚にエサをやらないタイプ」かどうかをジャッジされる場でもあるといえそう。

●おごった結果、効果はある?

しかし…そもそも支払いの方法ひとつで相手からの印象が変わることなどあるのだろうか? 「おごってもらったことが原因で、相手に好意を持った経験はあるか?」「ワリカンにされたことが原因で、相手に嫌悪感を抱いた経験はある?」という2つの質問をぶつけたところ、次のような結果になった。

●おごられて好意を持ったことがある?
・ある 42.4%
・ない 57.6%

●ワリカンにされて嫌悪感を抱いたことがある?
・ある 37.1%
・ない 62.9%

どちらも6割前後が「支払いの方法によって相手への印象が変わったことはない」という回答だが、残りの4割を考えれば、決して無視できない…。

彼女のハートを射止める確率を少しでも上げるためにも、初デートにはお財布の中身を十分に潤してから向かうのが吉だろう。

(有栖川匠)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/15(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。