ここから本文です

池田エライザ“浴衣美人”の決め手は内股で脇をキュッ

Smartザテレビジョン 7/15(金) 4:00配信

7月13日、都内で「スマモバ記者会見」が行われ、「スマモバ」オフィシャルアンバサダーを務める池田エライザが浴衣姿で登壇した。

【写真を見る】“見返り美人”池田エライザは浴衣姿もセクシー!

WEB-CMでも披露していた浴衣について、池田は「あまり着る機会がないので、今回幸せでした。ことしはお芝居でも着てみたい」とコメント。

また、浴衣を着るときのポイントとして「内股で、脇を締めるように気を付けています」と明かした。WEB-CMについては「私の地元も、ロケ地と同じくらいのすてきな田舎でした。電波のつながらないところもあるけど、スマモバは山の上でもつながって感動しました」と振り返った。

また、本記者発表会ではWEB-CMの主題歌を担当したロックバンド・I don't like Mondays.(アイドラ)の生演奏も。CMとは違ったアコースティックバージョンで、主題歌の「LIFE」を披露した。「いつも自分たちの曲はアップテンポで、踊れるようなものが多いんです。ただ、今回は少ししっとりと壮大な感じを目指して作ってみました」とメンバーはコメント。

曲に聴き入った池田も「『LIFE』を収録中いつも流していました。この曲の歌詞やメロディをイメージしながら、演技をすることも多かったです」と、主題歌「LIFE」がお気に入りのようだった。

WEB-CMについて、アイドラは「自分たちの曲に映像がついたことによって、また新しい曲の良さを自分たちでも知れました」と感想を。

今回のWEB-CMは、池田の演技とアイドラの音楽が合わさる、ショートムービーのような仕上がりとなった。

最終更新:7/15(金) 4:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。