ここから本文です

ママたちに休みはない!5割のママが実感!

R25 7/15(金) 7:00配信

育児に、家事に、仕事に。忙しい毎日を送るママたちは、休む暇もないほど、動き回っています。ママの休日について、興味深い調査をみつけました。象印マホービン株式会社が2015年に行った、「主婦の休日感に関する調査」というものがあります。この調査を参考に、ママと休日について、見ていきましょう。

●ママたちの5割以上が…
毎日忙しく動き回り、働き者のママたち。自分の休みについて、どう思っているのでしょうか? TOP3はこちら。

□あなた自身は、主婦業から一切解放される日がありますか?(有効回答:600)
1位:まったくない(50.2%)
2位:あるが非常に少ない(39.0%)
3位:結構ある(7.2%)

本調査は、仕事の有無、未就学児の有無で4つのグループにわけて行われていますが、いずれのグループも平均的におよそ半数が「休みはまったくない」と感じているようです。また2位の「あるが非常に少ない」と合わせると、およそ9割のママたちは、休みに関して不満を持っているということになりますね。


●ママたちが望む、主婦業の給与は?
炊事・洗濯・掃除など、たくさんの家事をこなし、さらに子どもやパパのお世話まで…。ママたちには、休日がないばかりでなく、ほとんど気の休まる時間もありません。単純に、時給1000円のバイトだとしても、かなりの額になるはず。しかし、実際はそんなものはありません。もし、主婦業で給料がもらえるとしたら? 以下にまとめました。

□主婦に給料があったら? TOP3
1位:10万~15万円(17.5%)
2位:20万~25万円(17.0%)
3位:30万~50万円(15.7%)

ちなみに、平均は15.5万円。多くのママは、意外にも現実的な値段設定のようです。


●ママたちが休日をとるために
ママたちが休日をとるために必要なもの。それはいったい何なのか? ママたちは、このように考えています。

□休日をとるために必要なものは? TOP3
1位:自由になる時間(62.3%)
2位:夫の理解や協力(61.2%)
3位:金銭的余裕(61.0%)

時間やお金は、自分の気持ちだけでどうにかできるものではないかもしれませんね。しかし、夫の理解や協力だけは、今すぐにでも改善できるものではないでしょうか?

こうしてみると、あらためてママたちの苦労がわかりますね。いつもママにまかせっきりのパパたちは、何かひとつだけでも、自分の力でやるようにしてみてください。ほんの少しでも、ママが楽になるかもしれませんよ。
(文・明日陽樹/考務店)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/15(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。