ここから本文です

ポケモンGO 「10km歩け」指令にズル探し横行

R25 7/15(金) 7:00配信

海外でリリースされ、瞬く間に大人気となったスマホ向けゲーム「Pokemon GO」で、ポケモンを孵化させるために「10km移動する」というノルマが設定されていることが判明。何とか歩かずに済む方法はないのかと、日本のゲームファンたちがリリース前から知恵を出し合っている。

ポケモンシリーズの最新作となる「Pokemon GO」は、AR(拡張現実)と位置情報を利用することにより、現実世界でポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルをしたりするゲーム。そのため、プレイヤーはスマホを持って街を実際に歩き回らなくてはならず、欧米では「強盗被害」「警察署に侵入」「死体を発見」など、事件が次々と発生している。

日本ではまだリリースされていない(7月14日12時時点)「Pokemon GO」だが、すでに攻略法探しは始まっている。海外発のニュースにより、ポケモンを孵化させるためには移動が必要という情報が公開済み。しかし、時速10kmを超えるとカウンターがストップする仕様になっており、自動車や電車では反応しないようになっているのだ。そんな仕様に対して、ゲーマーたちの間では、さっそく何か裏ワザはないのかと議論が発生。

ツイッターには、

「ライン作業で結構歩くから すぐ孵化させれそう」
「立ち仕事で店内徘徊しまくってるから 仕事中ポケットに携帯入れておけばポケモン孵化できそう」
「10kmで孵化なら1回散歩いけば足りるな......」

など、真っ当な方法での孵化を決意する声があがる一方、

「歩きたくないからプラレールに乗っける」
「プラレールはお金かかるしスシローのレーンに流せばいいじゃんwww」
「福岡民ならポケモンGOで卵孵化させる時山笠に載せればいいから楽だよね」
「扇風機やルンバにスマホくくりつけて距離稼ごうかな~とか今からしょうもないこと考えてる」
「猫にスマフォつけて散歩に出すのが一番良さそうな気がしてきた」
「ミニ四駆にくっつけてまわしたらいいんじゃないか!?」

といったアイデアが寄せられており、リリース後には日本でも珍事件が発生しそうなほど、盛り上がっている。
(金子則男)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/19(火) 12:53

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。