ここから本文です

「真田丸」秀次の命日に“運命的”な巡り合わせが!

Smartザテレビジョン 7/15(金) 16:00配信

滋賀・近江八幡の瑞龍寺で「豊臣秀次公顕彰法要」が行われ、大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で秀次を演じる新納慎也が出席した。

【写真を見る】法要に参加した新納は秀次に「本当に愛して演じてきました」と報告!

法要が行われたのは秀次の命日と伝わる7月15日。図らずも7月17日(日)放送の「真田丸」では、秀次の最期が描かれることになっている。

厳かな雰囲気の中、法要を終えた新納は「(秀次に)『やっと来ることができました。あなたのことを本当に愛して演じてきました。どうでしたか、少しは供養になりましたか?』と思いながら参加していました」と明かした。

さらに、秀次ゆかりの近江八幡を訪れた感想を、「初めて訪れ、温かく、平和な町だと感じました。この町を作った秀次の人柄が伝わってきて、自分が演じた秀次が間違っていなかったと思いました。秀次の命日にこうして法要に参加することができ、その週にドラマで秀次が最期を迎えるということで、運命的なものを感じています」と語った。

秀次の最期はこれまで、“暴虐さや秀吉への謀反の疑いから切腹を命じられた”という描き方が定番だったが、今回は最新の研究を基にして新たな描き方をされている。飾らない人柄で人気を集めた新納版・秀次。その最期をしっかりと目に焼き付けてほしい。

最終更新:7/15(金) 16:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。