ここから本文です

「ジョジョ4部」第16話、仗助たちのハンティング

Smartザテレビジョン 7/15(金) 18:50配信

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(毎週金曜深夜0:30-1:00ほか)の第16話『「狩り(ハンティング)」に行こう!』のシーンカットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】突然、仗助は承太郎からハンティングに誘われる

本作は、国内累計発行部数9000万部を超える人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」(集英社)シリーズのアニメ第4部。宿敵・DIOとの死闘を制した空条承太郎は、11年後、祖父の隠し子・東方仗助に会うため日本の杜王町を訪れる。承太郎と同じ「スタンド」という特殊能力を持つ仗助は、杜王町を守るため新たに動き始めたスタンド使いを相手に立ち上がる。

【第16話あらすじ】突然、仗助をハンティングに誘った承太郎。その目的は、音石明によってスタンド能力を身に付けた「ネズミ」を狩りに行くというものだった。ネズミが射られた用水路にやってきた仗助たち。そこで二人が見たのは、煮こごりのような状態で固められた何十匹ものネズミの異様な死体だった! 自分たちが追っているネズミの仕業と考え排水溝の先へと進むと、それは農家の下水へとつながっていていた。

なお第16話は、TOKYO MXより7月15日(金)深夜0時30分から順次オンエアとなる。

最終更新:7/15(金) 18:50

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。