ここから本文です

杉浦太陽の得意料理は「だしを取る事」?

Smartザテレビジョン 7/15(金) 20:14配信

7月18日(月)放送の「BARレモン・ハート SEASON2」(毎週月曜夜10:00-10:55、BSフジ)に杉浦太陽が出演。六平直政演じるがんこ親父の息子役として、迫真の演技を見せる。

【写真を見る】杉浦は今回の出演について「そば屋の役は初めてでした」

杉浦が出演するエピソード「ガンコな味」は、タケシ(杉浦)がバー「レモン・ハート」で常連客に二八そばを振る舞っていたことが、父であり、十割そばにこだわりを持つ「がんこ庵」店主・鉄男(六平)にばれてしまい、二人は険悪な雰囲気になってしまう…という内容。

収録を終え、杉浦は「そば屋の役は初めてでした。関西人なのでうどんかそばかと言われたらうどん派ですが、このドラマの『がんこ庵』で出すような十割そばが好きです」とコメント。

また、得意料理を尋ねると「あえて言うなら、だしを取る事でしょうか。あらゆるものから、だしを取る事」と意外な答えが。

さらに、普段バーに行くかという質問では、「結婚前はよく行っていました。結婚してからも夫婦でデートしたりとかするので、バーは好きです。独身の頃はよく行ってたなぁ」と語り、「妻(辻希美)はそんなに飲まないのですが、家でお義父さんと飲むので、“飲みニケーション”は好きです。大事ですね」とプライベートを明かした。

最終更新:7/15(金) 20:14

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。