ここから本文です

島田雅彦独占インタビュー 第1号「自民党に任せるしかない」という思考停止の有権者の数は想像以上に多かった

BEST TIMES 7/15(金) 6:00配信

合理的な生き方。そんなものは、すべて人工知能に任せておけ。 小説家・島田雅彦が語る文学、政治、サヨクとウヨク、酒、旅、恋愛……このふざけた世相を生き抜くためのサバイバル・テクニック第1回。

 思考停止の投票結果にモノ申す! 島田雅彦が参院選を改めて振り返る

最新刊エッセー『筋金入りのヘタレになれ』(ベスト新書)のなかでも、ウヨク化する日本の現状を憂い、物申す作家・島田雅彦氏にさっそく参院選の結果についてから聞いてみた。

――今回の参議院選挙ですが、自民党が55、公明党が13、おおさか維新の会が7議席を獲得して全部で75議席。非改選の議員と合わせると憲法改正案提出ができる3分の2議席を確保したことになりましたが、島田先生はこの結果をどうご覧になりますか。

 島田  政権交代を訴える選挙ではなく、自民党の専横を牽制するための野党の主張が通らなかった。「今回だけは野党に投票」という戦略的投票行動を理解しない人が多かったという印象です。「自民党に任せるしかない」という思考停止の有権者の数は想像以上に多かった。
 改憲のようなクリティカルな争点を前面に打ち出さないで、隠したりぼやかしたりすると与党に有利になる。問題を問題視しないおとぼけ作戦、あるいは正面衝突を避けた逃げ切り作戦にしてやられたという無力感でいっぱいです。

 これで自民党がやろうとしている憲法99条の改正に一歩近づいたわけです。これができれば緊急事態宣言、つまり憲法を停止することが可能になる。

――9条ではなく? 

 島田  9条は改憲勢力が改正を言い出しにくいんです。敗戦時、天皇制を残すということの交換条件が戦争放棄、すなわち9条だったという歴史的経緯があり、天皇に関する1条の規定と9条の規定はセットになっています。

 実際、世論調査をしても9条の改正を言ったら勝てないことは自民党もわかっているのでしょう。その飛び道具として例の「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」という99条を改正しようとしているんですね。

 安倍晋三が言うように、戦後レジームから脱却したいというのであれば、アメリカの占領体制から外れることなのに、むしろそれを強化している。日米地位協定で縛られている日本の現状は、独立国としての体裁からはほど遠いわけです。

――それでも安全保障の問題はアメリカ抜きには考えられない。

 島田  アメリカに頼るしかないという思い込みが、無意識に深く刻まれてしまったんでしょうね。

――男と女の関係に例えると、ときどき脅したり暴力を振るったりする男だけど、他の荒くれ者から守ってくれるから好きなの、みたいな感じですかね。

 島田  この占領状態を甘受するという体質は改めようがないという状況下で、日本の自立とか、日本のプライドを主張しようとしたら、一種のヒステリーになるしかない。

 これだけ、アメリカに尻尾振ってくっついていくわけだから、魂のありかたとしては戦前に回帰することを許せということです。被占領状態にある不愉快を逆転するためには別のプライドを取り戻せるようなアクションが必要で、それが戦前への回帰。

 日本の古い家族観の復活とか、憲法改正へ向かう。支離滅裂で、そういった矛盾をいくら指摘したところで納得できる説明を拒否している。これはヒステリー以外の何ものでもない。

――ハンカチくわえて、「私悔しい! キーッ」ってなってる感じですね。

 島田  すごい紋切り型のイメージですね(笑)。ヒステリーを起こすのは女性だけじゃないですよ。

 

 選挙後の安倍首相は、今回の結果は、自民党が支持された。自民党が支持されたということは、憲法改正が支持されたということ。と、ワンパケージであることを強調。巷でよく聞かれるような「どこにも投票したい党がなかったしさ~」というようなゆるい会話とは相当に乖離した状況になりつつある。『筋金入りのヘタレになれ』という、島田雅彦氏の発言に注目して、このふざけた世相を生き抜くためのサバイバル・テクニックを7日間に渡って学んでみたい。

 

聞き手・白崎博史/写真・髙橋亘

最終更新:7/21(木) 16:21

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。