ここから本文です

ツール・ド・フランス第12ステージは観客が原因の事故でマイヨ・ジョーヌのフルームが遅れ、救済で総合首位をキープ

CYCLE SPORTS.jp 7/15(金) 8:04配信

強風の影響でゴールが6km下に設定されたが...

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、革命記念日の祝日となる7月14日に、モンペリエからモン・バントゥ中腹のシャレ・レナールまでの178kmで第12ステージを競い、ベルギーのトーマス・ドヘント(ロット・ソウダル)が逃げ切って区間優勝した。

モン・バントゥ山頂にミストラルの強風が吹き荒れたため、この日はゴールが山頂より6km下に設定され、ゴール手前残り1km周辺の沿道にはフェンスもなく、大勢の観客が溢れかえっていた。

終盤にメイン集団からアタックして先行したマイヨ・ジョーヌのクリストファー・フルーム(スカイ)、バウケ・モレマ(トレック・セガフレード)、リッチー・ポート(BMC)の3人は、観客の壁に阻まれて急停止したTV中継のバイクに衝突し、折り重なるように転倒。モレマはすぐレースに復帰できたが、フルームは自転車が破損してしまった。

この事故でフルームは総合を争うライバルたちより遅れてゴールし、暫定で出された総合成績では英国のアダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)が1位になっていた。

しかし、レース審判は1時間にわたって協議し、事故で遅れたフルームとポートに、モレマと同じタイムを与える救済措置を下した。これでフルームはマイヨ・ジョーヌを守ることができただけでなく、総合のリードをわずかに広げることもできた。
 
■救済措置でマイヨ・ジョーヌをキープできたフルームのコメント「バントゥは驚きに満ちあふれていた。残り1kmで僕たちの目の前でバイクが壊れ、転倒させられた。別のバイクが後方から来て、僕の自転車を壊してしまったんだ。だから歩いたのさ。自分のスペアバイクを載せたクルマは5分後方だと知っていた。コミッサールの決定には満足している」

■第12ステージ結果[7月14日/モンペリエ~モン・バントゥ(シャレ・レナール)/178km]
1 トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)4時間31分51秒
2 セルジュ・パウエルス(ディメンションデータ/ベルギー)+2秒
3 ダニエル・ナバロ(コフィディス/スペイン)+14秒
4 ステフ・クレメント(IAM/オランダ)+40秒
5 シルバン・シャバネル(ディレクトエネルジー/フランス)+40秒
6 ベルチャン・リンデマン(ロトNL・ユンボ/オランダ)+2分52秒
7 ダニエル・テクレハイマノット(ディメンションデータ/エリトリア)+3分13秒
8 セプ・バンマルク(ロトNL・ユンボ/ベルギー)+3分26秒
9 クリスアンケル・セーレンセン(フォルチュネオ・ビタルコンセプト/デンマーク)+4分23秒
10 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+5分05秒
11 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+5分24秒
12 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+5分24秒
13 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+5分24秒
14 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+5分24秒
15 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+5分24秒
16 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+5分31秒
17 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+5分31秒
18 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+5分36秒
19 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+5分05秒
20 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+6分30秒
25 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+5分05秒
26 ロマン・クロイツィーゲル(ティンコフ/チェコ)+6分51秒
183 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+28分24秒

■第12ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)57時間11分33秒
2 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+47秒
3 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+56秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+1分01秒
5 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+1分15秒
6 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+1分39秒
7 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+1分44秒
8 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+1分54秒
9 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+1分56秒
10 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+2分11秒
11 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+2分22秒
12 ルイ・メインティス(ランプレ・メリダ/南アフリカ)+2分29秒
14 ロマン・クロイツィーゲル(ティンコフ/チェコ)+3分14秒
140 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+2時間06分44秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)

最終更新:7/15(金) 8:15

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。