ここから本文です

カルヴィン・ハリス、テイラー・スウィフトを非難。

VOGUE JAPAN 7/15(金) 22:00配信

カルヴィン・ハリスが元恋人のテイラー・スウィフトはケイティ・ペリーにしたように自分を葬り去ろうとしていると非難した。今年の5月までテイラーと交際していたカルヴィンは新曲『ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー』が実はテイラーによる作詞だったことが先日明かされたことを受け、過去にテイラーと衝突したことで有名なケイティを引合いに挙げて非難のツイートをした。

カルヴィン・ハリスの関連フォトギャラリー。

カルヴィンはテイラーの新恋人トム・ヒドルストンのことも持ち出し、「ここにきて彼女と彼女のチームがあたかも俺が悪者かのように仕立て上げようとするのはひどいよ。新しい恋人と幸せなら、元恋人をけなすんじゃなく、そっちの関係に集中すべきだよ。君は今ツアー中じゃないから、ケイティのように葬り去ろうとする新しい対象が必要なのは分かるけど、それは僕じゃないよ。そんなことはさせないからね。君は素晴らしい人生を手に入れたんだから、自分の人生の前向きな面に集中して下さい。みなさんに神のご加護を。良い日を送ってください」と立て続けにツイートした。

その後、引き合いに出されたケイティ本人も反応を示しており、2015年5月にしていた「時間、究極の真実の語り手」という投稿をリツイートし、ヒラリー・クリントン米大統領候補が「だから言ったでしょ」といった表情をした動画を投稿するなど意味深なツイートをしている。

Text by Bangshowbiz

最終更新:7/15(金) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。