ここから本文です

そうじでアンチエイジング効果が高まる!? ポイントは「照明」と「北の方位」

OurAge 7/15(金) 12:10配信

誰にでも老化現象は訪れるが、毎日をいかに楽しんで生活するかによって、見た目の若々しさにも差が出てくるもの。
「若々しさを引き出すために風水で始めてほしいのは、まず照明のおそうじです」と言うのは、中国命理学研究家の林 秀靜さん。

「風水では、暗くて重たい雰囲気の空間には陰の気がたまります。反対に明るく、すがすがしい空間には陽の気が集まるため、そこで生活している人も活動的な大地のエネルギーが満ちあふれて、いきいきとした表情になります」

とくに気の入口となる玄関や人の集まるダイニングやキッチン、陰の気が滞りやすいトイレは、照明器具のそうじをしてほしいとのこと。ランプの傘や電球のホコリを、乾いたクロスで取り去るだけで明るさがアップする。

また、電球を交換する場合には、なるべく空間全体を明るく照らすものを選ぼう。
「明るい場所には活動力がみなぎるため、老け込んでなんていられません!」
ただし、静かに休みたい寝室に明るい照明はふさわしくない。そうじは必要だが、安眠に導くには、心が落ち着くように少し暗めの照明を選ぼう。

「もうひとつ、“水の気”の象徴である北の方位を重点的にそうじすることも大事です」と林さん。
「北の方位がゴミやホコリなどで汚れていたり、かたづけができずに散らかっていると、アンチエイジング効果が低下してしまうのです。特に、北の方位がバスルームやトイレになっている場合は、いっそう丁寧なそうじが必要です」

湿気がたまりがちなので、こまめな換気も大切。きちんと清潔感を保つことができれば、みずみずしい肌を取り戻し、若くて美しい女性でいられるというわけだ。
「また、北の方位に金属製の飾り物や風鈴、水槽や水耕栽培の植物を置くと、五行のバランスがさらに良好になり、アンチエイジングの運気が高まります」

なぜ“水の気”が大事なのかというと、先天的な生命力やホルモンの分泌にかかわる臓器は、腎臓や生殖器で、これらは五行の中の“水の気”に属するからだそう。
「水の気は若さや美容、新陳代謝などに関係します。そのため、家の中の五行のバランスを整え、水の気を活性化させると、老化を防いで若返りにつながるのです」

最終更新:7/15(金) 12:10

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。