ここから本文です

香川は4-2-3-1のトップ下で先発予想! ブンデス公式サイトが今季のドルトムントを分析

Football ZONE web 7/15(金) 8:10配信

主力3選手が抜け、激震に見舞われる2年目のトゥヘル体制

 ドルトムントの日本代表MF香川真司が、今季もトップ下の一番手に君臨する可能性が高まっている。ブンデスリーガ公式サイトが、夏の移籍市場で激震に見舞われているドルトムントの今季予想スタメンを分析したもの。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 トーマス・トゥヘル監督の2年目は、激動のなかでの船出となっている。主将を務めていたドイツ代表DFマッツ・フンメルスがバイエルンに移籍したことを皮切りに、司令塔の同代表MFイルカイ・ギュンドアンはマンチェスター・シティに、昨季ブンデスのアシスト王に輝いたアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンはマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。

 トゥヘル監督は「チームの支柱が抜けた」と、記者会見で悲痛な叫び声を上げていた。その一方で、欧州の有望な若手を中心に6選手を獲得。新システムは4-2-3-1になると、ブンデスリーガ公式サイトでは予想されている。GKは昨季同様スイス代表のロマン・ビュルキ。4バックは左からポルトガル代表の一員として欧州選手権(EURO)を制した新加入のDFラファエル・ゲレーロ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、バルセロナから加入したスペイン代表DFマルク・バルトラ、DFマティアス・ギンターと、最終ラインのスタメンに二人の新加入選手が加わることになるという。

 ダブルボランチはEUROのドイツ代表にサプライズ招集されたMFユリアン・バイグルと、バイエルンから加入したMFセバスチャン・ローデがコンビを組むと見られている。攻撃的MFは左がそけい部の故障でリハビリ中のドイツ代表MFマルコ・ロイス、トップ下に香川、そして右に昨季のフランス1部の新人王でレンヌから加入したウスマン・デンベレが入ると見られている。

昨季9得点7アシスト以上の輝きを放てるか

 レンヌで12得点5アシストと活躍した新鋭デンベレは、ヴォルフスブルクからドイツ代表FWアンドレ・シュールレを獲得した場合は、スタメンから外れるかもしれない。

 そして、1トップはガボン代表の韋駄天FWピエール=エメリク・オーバメヤンが務めることになるという。

 昨季9得点7アシストの成績だった香川は、トップ下で躍動できるだろうか。「小さな魔法使い」の異名を持つ男には、親友のギュンドアンを含む主力流出の穴を感じさせないような活躍を期待したい。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/15(金) 8:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。