ここから本文です

BMW i3によるバリアフリー試乗イベントを開催

GQ JAPAN 7/15(金) 18:31配信

電気自動車BMW i3のバリアフリー試乗イベントが7月16日(土)、17日(日)、虎ノ門の「BMW iメガシティ・ストゥディオ」で開催される。車いすの方がすぐに運転できるハンドコントロールで、BMWの駆けぬける歓びをすべての方へ。

【この記事に関するギャラリーはこちらから】

BMW初のEVとして2014年に登場したBMW i3。ブレーキペダルを踏むことなく、アクセルペダルを緩めるだけでブレーキがかかる「ワンペダル・ドライビング」や、ピラーレスの観音引きドア、シフトレバーがステアリング周りにあるなど、実は車いすの方にも運転しやすい仕様になっている。

BMWは今回、このi3の特性を生かし、車いすの方に向けた試乗会を開催。当日は、車いすの方のための運転補助装置を製造販売する「ニコ・ドライブ」が開発したハンドコントロールをBMW i3に装着しテストドライブを行う。

ハンドコントロールは、押すとブレーキ、引くとアクセルという簡単な操作で運転が可能。取り付けの工事や車両の改造をすることなく、5分から10分程度で簡単に脱着でき、もちろん、ほかのクルマにも装着できる。

BMWが標榜する「駆け抜ける歓び」を、車いすの方にも気軽に感じることができる機会となっている。

日程:7月16日(土)、17日(日)
時間:10:00-18:30(最終受付17:00)事前予約が必要
会場:BMW iメガシティ・ストゥディオ 東京都港区西新橋2-16-6
Tel. 0120-201-438(BMW iカスタマー・インタラクション・センター)

文:Yanaka Tomomi

最終更新:7/15(金) 18:35

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。