ここから本文です

ドゥカティ・モンスター1200Sが コンパッソ・ドーロ賞で『審査員特別賞』に

エイ出版社 7/15(金) 17:30配信

1200Sが、権威ある国際アワードの選考対象となった

ドゥカティ・モンスター1200Sは、第24回ADIコンパッソ・ドーロ賞で、モーターサイクルとして唯一『審査員特別賞』を受賞した。ADI(イタリア工業デザイン協会)が主催するこの賞は、もっとも古く、もっとも権威あるヨーロッパの工業デザイン賞として知られている。

1992年に初代モンスターが発表されて以来、モンスター・ファミリーは、美しいネイキッド・バイクの代名詞とみなされてきた。今回、このモンスターのトップモデルに君臨する1200Sが、権威ある国際アワードの選考対象となった。

ドゥカティ・デザイン・センターのディレクターを務めるアンドレア・フェラレッシは、「パニガーレがコンパッソ・ドーロでアワードを受賞してからまだ数年しか経っていないのに、さらなるアワードを受け取ることができたことはこのうえない喜び」と述べている。

【INFORMATION】
ドゥカティジャパン http://www.ducati.co.jp/

最終更新:7/15(金) 17:30

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。