ここから本文です

日本代表を苦しめたシンガポール代表の元指揮官、68歳で監督業を引退へ

フットボールチャンネル 7/15(金) 7:20配信

 2018年ロシアW杯アジア2次予選までシンガポール代表を率いていた68歳のベルント・シュタンゲ氏が、同代表を退任後に監督業から退く考えを示した。14日に独メディア『フランクフルター・ルントシャウ』が報じている。

【写真で振り返るハリルホジッチ監督のキャリア】

 同メディアによると、シュタンゲ氏はすでに3年間率いたシンガポール代表監督から退いておりフリーの状態となっていた。まだ次の所属先が決まっていない中、同氏は監督業から引退する考えを明かしている。

「私はもうすぐ70歳になる。私が再び何かを行っていたら、星になってしまうだろうね。私は残りの人生で、最近会っていない友人のもとを訪れることを望んでいるよ」と語り、別のことに時間を使うことを明かした。

 シュタンゲ氏はかつて、オマーン代表やイラク代表、ベラルーシ代表など、約40年間に渡って多くの代表チームやクラブチームを率いていた。昨年6月には日本代表と対戦し、粘り強い守備で0-0の引き分けにしている。

 一時は日本よりも上の順位にいたが、結果的にグループ3位で終わっていた。それでもシンガポールサッカー協会(FAS)はシュタンゲ氏が退任する際に、オフィシャルサイト上で感謝の意を示している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 7:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。