ここから本文です

度重なる韓国人選手の不祥事にシビアな国内メディア。秋信守「日本なら大げさに報道せず、選手個人を尊重する」

ベースボールチャンネル 7/15(金) 17:00配信

スポーツ選手の早期処分を求める韓国

 去る6日、韓国を震撼させるニュースが飛び込んできた。姜正浩(パイレーツ)が女性に性的暴行を働いたというのだ。

 1週間が過ぎた今でも事実を確認中であり、当の本人も一切、このことに関しては言及していない。

 パイレーツは事実が明らかになるまで試合に出場させているが、韓国内での彼の評判は悪化している。現地メディア『News Daily』では国内での反応を次のように報じている。

「擁護派もいるが、非難派は青少年に大きな影響を及ぼすスター選手が性犯罪疑惑に引っかかったという事実だけですでに信頼を喪失している。絶対に同情してはいけないという意見が多い」

 現地ではスポーツ選手に対して高い道徳心を求める。問題を起こせばすぐに警察やリーグ関係者が処分を検討する。昨年発覚した海外賭博でも林昌勇に対して72試合出場停止と罰金が科せられた。姜正浩についてはMLBに任せるしかないが、事が進まない状況に痺れを切らしている。

選手の不祥事続きに困惑する韓国国内球団

 姜正浩の件から数日後、韓国国内でもプロ野球選手による不祥事が起こった。

 KTウィズに所属する金相賢が、公然わいせつ罪で在宅起訴されたことを公表された。彼は35歳のベテラン三塁手で09年にはシーズンMVPをはじめ、本塁打王と打点王のタイトルも獲得した実力者だ。

 韓国野球委員会(KBO)は、発覚からわずか1日で任意脱退の勧告をしており『スポーツ東亜』ではKBOの対応を次のように報じている。

「KBOは法的判断がでるまで懲罰委員会の開催を延期することにした。刑罰の重さに関係なく金相賢を任意脱退選手として公示した」

 事件発覚直後は「野球界の恥さらし」という批判的な声が多かったが、KBOの発表を受けてやり過ぎなのではという意見もある。

 KTウィズ側は謝罪文を出しているが、以前から他の選手も問題を起こすことが多く、一部では「問題児球団」と呼ばれている。

 最近ではチアリーダーに関するデマを勝手にSNS上で流したことで裁判沙汰になった者もいれば、別の主力選手が飲酒運転で摘発されたこともあった。

 彼らには罰金や奉仕活動の実施などで退団まではしなかったが、金相賢のような措置を講じたのは初めてだ。チームは選手の素行だけではなく、最下位の10位(14日現在)に沈んでおり戦力的にも苦戦を強いられている。

1/2ページ

最終更新:7/16(土) 17:20

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。