ここから本文です

逸材揃いのEURO優勝メンバー6人はリオ行き回避 ポルトガル五輪代表メンバーを発表

Football ZONE web 7/15(金) 10:40配信

サンチェス、ゲレーロら予備登録されていたEUROの主力は出場免除

 ポルトガルのリオデジャネイロ五輪代表メンバー18人が発表されたが、予備登録されていたバイエルンMFレナト・サンチェスら欧州選手権(EURO)フランス大会優勝メンバー6人が外れた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ルイ・ジョルジュ監督の指揮する五輪代表の予備メンバーには、EUROで活躍した逸材の名前が含まれていた。だが、フランスで躍動したビッグネームはいずれも外れた。

 大会の最優秀若手選手賞に選出されたサンチェスを筆頭に、ドルトムントに移籍したDFラファエル・ゲレーロ、バレンシアの司令塔アンドレ・ゴメス、インテル移籍で合意に達したとされる背番号「10」のジョアン・マリオ、オーバーエイジ枠で選出予定だったスポルティングMFウィリアム・カルバーリョ、ブラガMFラファ・シウバの計6人が外れることになった。

 EUROでは延長戦やPK戦などの死闘続きだったポルトガル代表で、90分以内で決着がついた試合は大会中にわずか1試合だった。6人の欧州王者が参戦となれば、優勝候補と呼べる陣容となったが、激闘の末に頂点に上り詰めた実力者は大会のかけ持ちを免除された格好だ。

 国外組はGKジョエル・ペレイラ(マンチェスター・ユナイテッド)、DFティアゴ・イロリ(リバプール)、エドガー(ビジャレアル)、MFブルーノ・フェルナンデス(ウディネーゼ)の4人が選出。その他14人が国内組というポルトガル代表は、4日にリオデジャネイロでアルゼンチン代表と初戦を戦う。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/15(金) 12:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。