ここから本文です

レアル新背番号発表。DFヴァランがジダンも背負った“5番“を継承

フットボールチャンネル 7/15(金) 7:40配信

 レアル・マドリーが、2016/17シーズンの背番号を発表した。DFラファエル・ヴァランが、ジネディーヌ・ジダン監督が現役時代に背負っていた”5番”に変更することになった。14日、スペイン紙『アス』が報じている。

 主力の多くに変更がない中で、これまで”2”をつけていたヴァランが”5”に変更となった。昨季は、それまで”5”をつけていたファビオ・コエントランがモナコにレンタル移籍したために空き番号となっていた。

 そして、”15”番をつけていたDFダニエル・カルバハルがヴァランの”2”を引き継ぐこととなった。また、今季より復帰となるアルバロ・モラタはユベントス移籍前につけていた”21”となり、同じく復帰のコエントランは”15”となっている。

 ジダン監督がマドリー在籍時につけていた“5”は、当初ユベントスのポール・ポグバ獲得時に与えると噂されていたが、獲得の話も消えつつある中で、ヴァランが自身のアイドルでもあるジダン監督の番号を望んだということだ。

 EURO2016のフランス代表メンバーから、ケガのために直前で離脱した23歳のDFにとって、今回の背番号変更は今季にかける決意の表れでもあろう。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 7:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。