ここから本文です

長期政権を望むラニエリ監督がレスターとの契約延長を明言 「開幕前にはサインする」

Football ZONE web 7/15(金) 11:30配信

クラブ側が新たに4年契約を提示 「会長も私の続投に幸せと言っている」

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、8月13日のリーグ開幕戦までに新たな4年契約にサインすることを明言した。地元紙「レスター・マーキュリー」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 オーストリアで合宿中のレスターで、2年目のシーズンを迎える「修理屋」の異名を持つイタリア人指揮官は、「契約書がある。会長は私にサインしてもらいたいと思っている。私には問題ない。ここに残りたいと思っているし、会長も私の続投に幸せと言っている。2年契約というのなら、私はもっと長い間の指揮を希望する」と語った。

 18年まで契約を残しているラニエリ監督だが、すでに契約延長のオファーは届いていることを明らかにした。

「開幕前にはサインすると思うが、私は1年前に契約を結んだ。昨年3年契約を結んだばかりだ。今、代理人と会長が話し合っている。会長がこれにサインしてと言われたら、契約書を見ずにサインするよ」

 指揮官はこう語った。昨季奇跡のプレミア制覇に導き、“無冠の帝王”の称号を払拭したラニエリ監督は、レスターで長期政権を築くことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/15(金) 11:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。