ここから本文です

EURO優勝弾で大注目のポルトガル代表FWエデル、自伝発売へ

フットボールチャンネル 7/15(金) 8:10配信

 EURO2016でポルトガルを優勝に導き、一躍時の人となったFWエデルの自伝が発売されるということだ。13日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームからCロナなど計4名選出

 これは、ポルトガルのラジオ番組に出演したエデルのメンタルコーチ、スサーナ・トーレス氏が明かしたもので、彼女も執筆に協力しているという。

 エデルは、優勝時にポルトガルのテレビインタビューでトーレス氏のサポートに感謝の言葉を述べ、「皆さんに彼女の存在を知ってもらいたい」とコメントを残すほどの信頼を与えているという。

 1987年に旧ポルトガル領のギニアビサウ共和国の首都ビサウで生まれたエデルは、3歳の時に家族でポルトガルに移住した。しかし、経済的苦境によりコインブラの孤児院で育だったという背景を持っているということだ。

 上述のトーレス氏はエデルの人柄を「真心があり、知的で、非常に謙虚。素晴らしいチームプレーヤーだ」と評価する。28歳の遅咲きの苦労人の人生に、光が当たる時がやってきたようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 8:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。