ここから本文です

インテル長友にも衝撃! マンチーニ監督に電撃退団の可能性が急浮上

Football ZONE web 7/15(金) 13:17配信

伊メディアが報じる 後任にはレオナルド氏、プランデッリ氏の名前が挙がる

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督が電撃退団する可能性が急浮上している。後任監督には、現役時代に鹿島でプレーした元ブラジル代表のレオナルド元監督か、元イタリア代表監督のチェザーレ・プランデッリ氏の名前が挙がっている。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 イタリア北部オーストリア国境のブルニコで合宿中のインテルに衝撃が走った。今季限りで契約満了となるマンチーニ監督が電撃退団する可能性が浮上した。14日に中国資本となったインテルのマイケル・ロリングブロークCEOと会談を持ったマンチーニ氏だが、話題は移籍市場についてではなかったことを認めている。

 インテルは昨季UEFAチャンピオンズリーグ出場権を狙い、100億円以上の強化費を費やしたがリーグ4位に終わり、UEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に止まっていた。

 インテルでチーム最古参となった長友にとっても、マンチーニ監督が退任となれば衝撃の事態だ。昨季開幕時にはトレード要員になっており、練習試合でもサブ組の攻撃的MFとして後半に起用されるなど危機的状況に陥っていたが、日々の努力によって出場機会を掴み取り、契約延長を勝ち取ったばかりだった。

 レオナルド氏は長友がインテルに加入した際の指揮官で、チェゼーナからの獲得に尽力してくれた恩人。恩師との再タッグになる可能性もあるが、プランデッリ体制となればゼロからのスタートを余儀なくされる。指揮官の去就は、日本が誇るダイナモの今季にも大きな影響を与えそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/15(金) 18:23

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。