ここから本文です

長友の同僚がまた一人…中華改革が進むインテル、古株DFがローマ移籍

フットボールチャンネル 7/15(金) 8:20配信

 インテルが中華革命によってまた一人古株DFを放出した。14日、ローマ公式サイトが発表している。

 ローマに移籍したのはインテルのブラジル代表DFファン・ジェズス。同選手は2012年1月にインテルに加入。同クラブの中では古株の選手となっていた。しかし、昨季はロベルト・マンチーニ監督から信頼を勝ち取ることができず、ローマへ買取義務付きのレンタル移籍となった。

 今季インテルは既にエベル・バネガを獲得し、さらにはポルトガル代表のEURO2016優勝に貢献した同代表10番ジョアン・マリオ獲得に迫っている。中国資本の豊富な資金力を武器に中国スーパーリーグの江蘇蘇寧を経由してファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を無効化する爆買いを画策している。

 大きな転換期を迎えているインテル。今夏は大幅なメンバーチェンジがあるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)