ここから本文です

浪速の“ファンタジフタ”がJ2東京Vの救世主に? 緑の名門に巻き起こる「二川フィーバー」

Football ZONE web 7/15(金) 16:00配信

移籍後初先発の岡山戦で決勝点をアシスト 限定グッズも緊急販売へ

 J2の東京ヴェルディが15日、J1のガンバ大阪から先月末に期限付き移籍で加入し、初先発となった10日の第22節ファジアーノ岡山戦(2-1)で決勝点をアシストした元日本代表MF二川孝広の活躍にあやかり、限定グッズを緊急販売することが分かった。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 G大阪の黄金期を支えた浪速の“ファンタジフタ”のプレーに、陰りは見られなかった。ホーム初お披露目となった岡山戦、32番の緑のユニホームを身にまとった二川は、4-2-3-1のトップ下で先発出場。そして1-1で迎えた後半38分、その類稀な才能が輝きを放つ。左サイドでボールを受けると、タイミングを見計らいながら左足で質の高いクロスを供給。DF井林章の決勝ゴールを演出した。

 冨樫剛一監督も「やはりすごい」と唸るほど、出場2試合目にして絶大な存在感を発揮しているベテランMFだが、ピッチ外でも“二川フィーバー”は巻き起こっているという。クラブ広報によれば、この岡山戦にも関東在住のG大阪サポーターなどが足を運び来場者が増加しただけでなく、SNS上での二川関連の投稿記事への反響も大きいという。

 こうした状況を受けて、クラブはG大阪時代に付けられた愛称“ファンタジフタ”の文字がプリントされたオリジナルTシャツを急きょ製作。24日に味の素スタジアムで行われる第25節ザスパクサツ群馬戦で限定50枚を緊急販売するという。「ほんまに売れるんですか……」と目立ちたがらない本人の性格とは逆行するように、緑の名門はピッチ内外でさらなる“二川フィーバー”を巻き起こそうとしている。

 東京Vは第22節終了時点で、勝ち点23の19位。J2・J3入れ替え戦圏内の21位群馬とは勝ち点4差しかない。今季の命運を左右する一戦に向けて、救世主“ファンタジフタ”への期待は高まるばかりだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/15(金) 16:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。