ここから本文です

イングランド代表新監督候補のスペイン人知将「今は休みたい」

フットボールチャンネル 7/15(金) 8:50配信

 イングランド代表の新監督候補の1人と名前の挙がっているスペイン人監督のロベルト・マルティネス氏だが、現時点で本人にその気はないようだ。14日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 昨シーズン途中、エバートンの監督を解任されたマルティネス氏は、イングランド代表新監督候補に挙げられていることについて「私はこの国のリーグ、サッカー協会といい関係を持っている。10年間休むことなく監督業を行ってきた。エバートンでやってきたことに非常に満足しているが、今は休みたい」と語っている。

 そして、EURO2016でのイングランド代表については「非常に厳しかった。誰もこういう結果を予想していなかった。議論を行い、変革をする時だろう」と述べ、「若くて優秀な選手が多くいる。彼らが、1966年のワールドカップ優勝以来示していない、勝者のメンタリティを育てていく必要がある」と続けた。

 43歳の若き名将は「選手、監督として22年間この国でやってきたことはアドバンテージになる」と述べながらも、「家族とゆっくりしたい」と現時点での監督業への復帰は否定的だ。次にチームを指揮するマルティネス氏を見るのはいつになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 8:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。