ここから本文です

イーサン・ホークがトランペッターのチェット・ベイカー役を熱演 『ブルーに生まれついて』公開へ

リアルサウンド 7/15(金) 16:01配信

 イーサン・ホークが伝説のトランペッター、チェット・ベイカーを演じる映画「BORN TO BE BLUE」が、『ブルーに生まれついて』の邦題で11月26日に公開されることが決定した。

 本作は、2009年に短編映画『The Death of Chet Baker』を手がけたロバート・バドロー監督が、ふたたびチェット・ベイカーにスポットを当てた人間ドラマ。黒人アーティストが主流の1950年代モダン・ジャズ界において、その甘いマスクで女性を虜にし、ファンを熱狂させた白人トランペッター、チェット・ベイカーの転落と再生を描く。

 『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークが、ベイカー役に挑むため、6カ月に及ぶトランペットの集中トレーニングを受け、劇中でトランペットの演奏や歌も披露しているほか、『グローリー/明日への行進』のカルメン・イジョゴ、『天才スピヴェット』のカラム・キース・レニーらが出演する。劇中では、ホークが唄う「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」をはじめ、「レッツ・ゲット・ロスト」「虹の彼方に」「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」など数々の名曲が登場する。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、一面ブルーに染まった空と海が連なるウエストコーストの浜辺で、金色に光るトランペットを手にしたホーク演じるベイカーが女性と視線を交わす姿が、“痛いほどの音楽と、愛。”のコピーとともに描かれている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/15(金) 16:01

リアルサウンド