ここから本文です

「実の父が義母を殺害した」…ポルトガル優勝のヒーローが壮絶な人生を告白

フットボールチャンネル 7/15(金) 11:02配信

 EUROでポルトガル代表を優勝に導く決勝弾を決めたFWエデルは、知られざる壮絶な人生を歩んでいたようだ。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

【写真】美の競演…欧州の美女サポーターたち

 フランスとのEURO決勝で途中出場したエデルは、スコアレスで迎えた延長後半に右足を振り抜き、この試合で唯一のゴールを決めた。

 これにより一躍ヒーローとなったエデルだが、実の父親は義母を殺害した容疑で服役中なのだという。

「僕の父親は牢屋にいる。僕が12歳の時からだね。僕の義母は亡くなって、彼は殺人の罪に問われた。そして彼は16年の懲役を言い渡されたんだ」

 西アフリカのギニアビサウ出身のエデルは、2008年にポルトガルのアカデミカ・コインブラでプロキャリアを歩み始めている。当時から父親とは頻繁に会っているようだ。

「アカデミカに加入してからお金を稼ぐようになった。そして、イングランドの牢屋にいる父に会いにいくことができた。休みの度に、彼に会うためにイングランドに行ったよ」

 その後はポルトガルの強豪スポルティング・ブラガを経て昨年夏にスウォンジーへ移籍。しかしプレミアリーグでは活躍を見せることができず、今年の冬にフランスのリールへと移籍している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 11:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。