ここから本文です

PSGの司令塔、イブラの10番を継承へ。そして将来はイタリア代表でも?

フットボールチャンネル 7/15(金) 11:10配信

 パリ・サンジェルマンに所属するMFマルコ・ヴェッラッティは、今季から10番を背負うことになるかもしれないようだ。14日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 PSGの10番は現在空き番号だ。その番号は、昨季に契約満了で退団し、そして今夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したFWズラタン・イブラヒモビッチがこれまで背負って来た番号である。そこで今季からその番号を受け継ぐことになるとみられているのがヴェッラッティのようだ。

 セリエAのペスカーラで16歳の時にプロデビューしたヴェッラッティは、2012年にイタリア国内のビッグクラブが獲得に乗り出すもPSGへ移籍。そして同年の8月にA代表デビューを果たしたが、そけい部の手術を受けたことにより、先月開催されたEURO2016へは欠場する羽目となった。

 そのヴェッラッティとイブラヒモビッチは、お互いに2012年にPSGへ加入した同期で、彼らはピッチ外でも良好な関係を築いていたようだ。そのイブラヒモビッチは、自身が背負って来た10番をヴェッラッティへ譲る決断をし、そして同選手がそれを受け入れたようである。

 ヴェッラッティは、PSGに入団してから24番を付けて来た。そして昨年に6番へと変更したが、もしこれから10番を付けることになるとすれば、それは同クラブで付ける3つ目の背番号となる。

 その10番はPSGだけではない。ヴェッラッティはイタリア代表の将来をも担う選手と考えられていることからも、怪我から復帰すればきっとアズーリ(イタリア代表チームの愛称)でも10番を背負っていくことだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 12:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革