ここから本文です

『スーサイド・スクワッド』悪党たちが暴れまわる予告編公開 ポップな日本版ポスターも

リアルサウンド 7/15(金) 19:02配信

 9月10日に公開される『スーサイド・スクワッド』より、日本版ポスターと予告編が公開された。

 本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に続く、DCコミックスの映画プロジェクト“DCフィルムズ”の第2弾。死刑や終身刑の判決をくらった悪役たちが、減刑のために特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成して世界崩壊の危機に立ち向かう模様を描く。

メガホンを取ったのは、『フューリー』のデヴィッド・エアー監督。『メン・イン・ブラック』シリーズのウィル・スミス、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーゴット・ロビー、『ロボコップ』のジョエル・キナマン、『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』のカーラ・デルヴィーニュ、『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レトらが出演する。

 このたび公開された予告編では、ハーレイ・クインが着替えているシーンから始まり、たくさんの銃やナイフに囲まれながら高笑いするジョーカー、銃をぶっ放し続けるデッドショット、手から炎を出す全身タトゥーの火炎放射男・ディアブロなどが、思い思いに暴れる姿が捉えられている。一方の日本版ポスターには、「史上最強の“悪カワ”ヒロインと10人の悪党たち」というコピーとともに、バックにうっすらと浮かび上がるジョーカーやハーレイ・クインら悪党たちの姿が捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/15(金) 19:02

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。