ここから本文です

DAOKO、トリプルAサイドシングル発売 収録曲「BANG!」MV公開も

リアルサウンド 7/15(金) 18:50配信

 DAOKOが9月14日に2ndシングル『もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」をリリースする。あわせて、「BANG!」のMVを公開した。

 同作はトリプルAサイドシングルとなっており、小島英也(ORESAMA)が作曲および編曲に参加した「もしも僕らがGAMEの主役で」はCygamesの新TVCM曲に、「ダイスキ with TeddyLoid」は、学校法人・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)2016年度TVCMソングとして現在絶賛オンエア中だ。

 また、3曲目でありこちらも小島英也(ORESAMA)が作曲および編曲に参加している「BANG!」は、MVの監督を児玉裕一氏が担当。セクシーな衣装に身を包んだDAOKOが登場する、ポップでホラーな映像に仕上がっている。

 なお、今回の発表にあわせ、9月から東京、大阪、韓国で行なうライブツアー『DAOKO 2016 “青色主義” TOUR』の開催も決定。本日より、日本公演分の先行抽選予約がDAOKOのLINE公式ブログにてスタートした。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/15(金) 18:50

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。