ここから本文です

南壽あさ子、レーベル移籍&3カ月連続配信リリース決定 第一弾は東京ガスのラジオCM曲

リアルサウンド 7/15(金) 20:00配信

 南壽あさ子が、所属レーベルを<トイズファクトリー>から<ヤマハミュージックコミュニケーションズ>へ移籍し、7月より3カ月連続で配信リリースを行なうことを発表した。

 7月28日には配信第一弾としてラジオCMでも放送されている「エネルギーのうた(弾き唄い Ver.)」をリリース。この楽曲は、2016年から始まった電力自由化に向けて、東京ガスのエネルギーへの思いを綴り歌ったもの。TOKYO GAS TV(東京ガスオフィシャルサイト)内でも、音源をアップしており、今回は通常音質配信に加え、ハイレゾ音質での配信も同日よりスタートする予定だ。

 今回のラジオCM音源化にあわせて、若手アニメーション作家・若井麻奈美を起用したプロモーションショートムービーも公開。若井は、第16回学生CGコンテスト最優秀賞など、数多くの賞を受賞し、NHK教育番組のアニメーションなども手掛けている。今回のムービーについて、若井は「いただいた音楽が素晴らしかったので、その世界を壊さず、寄り添えるようなものになるように、と思いながら制作しました」とコメントしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/15(金) 20:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。