ここから本文です

ベンダー双子がOA枠に。ドイツ代表、五輪出場メンバー18人を発表

フットボールチャンネル 7/15(金) 22:20配信

 ドイツサッカー連盟は15日、リオデジャネイロ五輪に出場する同国代表メンバー18人と予備登録選手4人を発表した。

 A代表がEUROに出場した影響で、五輪出場資格を持っていたエムレ・ジャン、アントニオ・リュディイガー、ユリアン・ヴァイグル、ヨシュア・キンミッヒ、レロイ・ザネはメンバーは漏れた。

 また注目されたオーバーエイジ枠は当然ながらEUROに出場しなかった選手が選ばれ、スベンとラースのベンダー兄弟が五輪代表のメンバーに入った。

 もう1人はかつてバイエルン・ミュンヘンに在籍し元ブンデスリーガ2部得点王の肩書きを持つ、フライブルクのFWニルス・ペーターゼンが選ばれた。現在27歳のストライカーはA代表歴こそないが、1部で二桁得点を挙げた経験もあり、昨季は2部のフライブルクで21ゴールを奪って得点ランキング2位に入っていた。

 ドイツはリオ五輪でフィジー、韓国、メキシコと同じグループCに組み込まれている。初戦は8月4日の前回王者メキシコ戦で、その後同7日に韓国、同10日に初出場のフィジーと続く。兄貴分のA代表はEURO制覇を逃したが、若きタレント軍団は現世界王者の意地を見せられるだろうか。

 ホルスト・ルベッシュ監督率いるドイツ五輪代表のメンバーは以下の通り(カッコ内は所属クラブ)。

▽GK
ティモ・ホルン(ケルン)
ヤニック・フート(マインツ)

▽DF
ロベルト・バウアー(インゴルシュタット)
マティアス・ギンター(ドルトムント)
ルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ)
フィリップ・マックス(アウクスブルク)
ニクラス・ジューレ(ホッフェンハイム)
イェレミー・トリャン(ホッフェンハイム)

▽MF
ラース・ベンダー(レバークーゼン)※
スベン・ベンダー(ドルトムント)※
ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
マックス・クリスティアンセン(インゴルシュタット)
セルジュ・グナブリー(アーセナル)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
マックス・マイヤー(シャルケ)
グリシャ・プロメル(カールスルーエ)

▽FW
デイビー・ゼルケ(RBライプツィヒ)
ニルス・ペーターゼン(フライブルク)

▽予備登録メンバー
レオナルド・ビッテンコート(ケルン)
クリスティアン・ガンター(フライブルク)
セバスティアン・ケルク(フライブルク)
エリック・オールシュレーゲル(ブレーメン)

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 23:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。