ここから本文です

シェフチェンコ監督誕生! ウクライナの英雄が悩める母国代表の指揮官に就任

フットボールチャンネル 7/15(金) 23:45配信

 ウクライナサッカー協会は15日、同国代表の新指揮官にアンドリー・シェフチェンコ監督を招聘すると発表した。

 EURO2016でグループステージ敗退に終わったウクライナ代表は、ミハリオ・フォメンコ監督がその責任を取って辞任していた。シェフチェンコ新監督は2年間の延長オプションがついた2年契約にサインしている。

 シェフチェンコ監督にとって最初のミッションは2018年のロシアW杯出場権を獲得することだ。ウクライナ代表で111試合に出場し48得点を挙げた英雄は、低迷が続くチームをW杯に導く最も重要な仕事を任された。

 アシスタントコーチにはミラン時代に自身が指導を受けたマウロ・タッソッティ氏と、同じくミランに所属し一昨季までテクニックコーチを務めたアンドレア・マルデラ氏を迎えた。またフィジカルコーチにはシェフチェンコ監督がディナモ・キエフ時代に共に働いたスペイン人のラウール・リャンチョ氏を任命している。

 ウクライナにとって英雄的存在のシェフチェンコ新監督だが、トップレベルでの指導経験はほとんどない。現在39歳の新米監督は母国を再び高みへと導けるだろうか。監督と選手では国民からの見られ方は全く違うだけに、厳しいプレッシャーをいかにかわして結果を出すか注目が集まる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/15(金) 23:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。