ここから本文です

【岩本輝雄のオタクも納得!】ゴールラッシュで一際目を引いたのは、“無得点”の浅野だった

SOCCER DIGEST Web 7/15(金) 6:00配信

「サイドの1対1」は勝敗を左右するポイント。

 7月13日のJ1・第2ステージ3節は、柏対広島の一戦を観戦した。

 序盤の5分に中山のゴールが決まった時、この試合は点の取り合いになると思った。両チームとも序盤からテンションが高く、最終的には6つのゴールが生まれる見応えあるドローだった。
 
 改めて、サッカーはサイドの攻防が重要だと認識させられる試合でもあった。広島は先制されたけど、左サイドの清水を起点に盛り返していく。シザースを武器に何度も仕掛けて、柏の右SB湯澤を手玉にとった。
 
 清水の果敢な突破が効果的なジャブとなって柏を押し込んだ広島は、前半のうちに3ゴールを奪取。鮮やかに逆転してみせた。3点目は深く切り込んだ清水のクロスから柴崎が頭で押し込んだものだ。
 
 後半に入ると、今度は柏の伊東が輝きを放つ。力強い推進力で縦に抜けると、56分には正確なクロスからD・オリヴェイラの追撃弾をお膳立て。これで勢いが出てきた柏はさらにその5分後、PKのチャンスをクリスティアーノがきっちりと決めて、同点に追いついた。
 
 よりコンパクトになり、スペースが少なくなってきている現代サッカーにおいて、サイドは1対1になれる数少ないエリア。上手くサイドチェンジを織り交ぜながら、1対1のシチュエーションを作り、局面の勝負を制する。そうしたシーンを数多く作れれば、ゲームを優位に運べるだろうし、チャンスも広がっていくはず。
 
 特に夏場は体力の消耗が激しい。相手のゆったりとしたボール回しに対し、いくら移動距離が短くても、左右に動かされるほうはそれなりにキツイもの。片方に寄せられて、一気のサイドチェンジで逆に引っ張られると、対応が遅れる場合もある。
 
 そこでスピードのある選手に切り込まれれば、ラインを下げざるを得なくなる。そうした点を考慮しても、「サイドの1対1」は勝敗を左右するポイントのひとつだろう。
 
 そして、3-3のゴールラッシュとなったこの試合で、一際目を引いた選手は、“ノーゴール”に終わった広島の浅野だ。
 
 前半と後半でそれぞれ、際どいシュートを放つもバーに嫌われてしまった。決め切る力は今ひとつではあったけど、決定機に絡めているのはポジティブなことだと思う。
 
 ゴールはなかったけど、インパクトは絶大。アーセナルへの移籍も決まり、心身ともに充実しているのが窺えた。
 

【PHOTO】浅野拓磨~アーセナル移籍までの軌跡~2007-2016

1/2ページ

最終更新:7/15(金) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。