ここから本文です

バイエルンへ旅立つサンチェス「いつか必ずベンフィカに帰ってくる」

SOCCER DIGEST Web 7/15(金) 6:29配信

「ここは僕にとって“家”。人は皆、必ず自分の家に帰るもの」

 EURO2016では、準々決勝のポーランド戦で素晴らしいゴールを決めた他、各試合で18歳とは思えない落ち着いたプレーを披露したポルトガルのレナト・サンチェス。彼は新シーズンより、ドイツの強豪バイエルンでプレーすることが決定している。
 
 間もなく新天地に旅立つサンチェスは、『BTV(ベンフィカTV)』に対し、「ベンフィカは自分にとって最初のクラブだし、自分はこの先もずっとベンフィカの一員だと思っている」と語っている。
 
 9歳でベンフィカの下部組織に入団し、このクラブひと筋でキャリアを重ねてきた彼は、また「いつか、必ずベンフィカに帰ってくる。ここは僕にとって“家”だ。人は皆、必ず自分の家に帰るものだからね」と誓った。
 
「ベンフィカの関係者、サポーターたちに感謝している。代表チーム同様に、多くのサポートをくれた。これからも一緒だよ」
 
 愛するクラブへの思いを胸に秘めながら、サンチェスはカルロ・アンチェロッティ率いるバイエルンで、トップスターへのステップアップに挑む。
 
 そのバイエルンでは、偉大なるキャプテンのフィリップ・ラームが公式サイトを通して「才能がある選手。代表チームでも大きな役割を果たしていた」と高く評価しており、ともにプレーすることを楽しみにしていると期待を込めて語っている。
 
 昨年10月にプロデビューしたばかりの若き宝石が、この先、どれほどハイペースな成長と上昇を続けていけるかに注目したいところだ。

最終更新:7/15(金) 11:45

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。