ここから本文です

積極補強ユベントスが「密かに狙う」大物ストライカーとは?

SOCCER DIGEST Web 7/15(金) 17:36配信

モラタの後釜が今夏で一番の動きになる。

 新シーズンに向けたユベントスのメルカートは、他のメガクラブよりもずっと早く動き出した。しかし、メインイベントはまだまだこれからだ。
 
 ディフェンスはもう安泰。買い取り義務付きレンタルでメディ・ベナティアを獲得する交渉が、バイエルンとの間でほぼまとまった。遠からず正式発表されるだろう。
 
 中盤はミラレム・ピャニッチ(ローマから)、そして右ウイングバックにダニエウ・アウベス(バルセロナから)を補強して、質量ともに充実度が増している。
 
 残る大きな補強ポイントは前線だ。レアル・マドリーに買い戻されたアルバロ・モラタの後釜として誰を獲得するかが、今夏で一番の動きになるだろう。いわばラストピースだ。
 
 カリム・ベンゼマ(R・マドリー)、エディンソン・カバーニ(パリSG)、ロメル・ルカク(エバートン)などとともにユーベが密かに狙っているのが、昨シーズンのセリエA得点王ゴンサロ・イグアインだ。ナポリが設定する9400万ユーロ(約113億円)という違約金はたしかに巨額だが、それに見合った働きをしてくれる可能性は高い。
 
 ユーべは移籍金引き下げのために人的補填(シモーネ・ザザ、ロベルト・ペレイラ、ステーファノ・ストゥラーロ、ダニエレ・ルガーニなど)を考慮し、さらに分割払いの算段を立てるなど、本気で獲得に向けた策略を練っている。
 
 ただ、イグアイン自身にまだ迷いがある。2018年まで残っているナポリとの契約を満了したいという思いも、ゼロではないからだ。
 
 しかも、この点取り屋を狙っているのはユーべだけではない。チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、バイエルン、パリSGなど錚々たるメガクラブが目を光らせている。
 
 ただ、現時点ではまだ誰もナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長に正式オファーは送っていない。
 
 はたして、ユーベは彼らの先手を打って動くだろうか。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。

【EURO2016】スタジアム美女総集編!

最終更新:7/15(金) 19:16

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。